四国遍路道の道標・丁石

四国八十八所の遍路道にある道標、丁石を紹介します

50番繁多寺から51番石手寺へ

50番繁多寺から51番石手寺間の道標・丁石

四国遍路道指南

 石手迄廿五町 〇げば町〇石手村 

四国遍禮名所図会

 是より石手まで弐拾丁也 けば町 石手村 川原行

 五拾一番熊野山石手寺 温泉郡石手村 太山寺迄一里

現在歩くと2.8km程の道のりです

---------------------------------

繁多寺山門前の道標 慶応元年(1865年)

f:id:hyamatyan:20220407210340j:plain
f:id:hyamatyan:20220407210345j:plain

桑原八幡を過ぎ畑寺交差点の北東にある道標

f:id:hyamatyan:20220407210349j:plain
f:id:hyamatyan:20220407210354j:plain

県道40号線を北上 東雲女子大入口交差点の道標

f:id:hyamatyan:20220407210358j:plain
f:id:hyamatyan:20220407210403j:plain

県道脇にある道標

f:id:hyamatyan:20220407210407j:plain
f:id:hyamatyan:20220407210412j:plain

墓地脇にある道標(昭和12年

f:id:hyamatyan:20220407210417j:plain
f:id:hyamatyan:20220407210422j:plain

嘉永7年(1854年)の道標

f:id:hyamatyan:20220407210426j:plain
f:id:hyamatyan:20220407210431j:plain

是より県道より別れ西へ行く道も遍路道ですぐの所にに上部が欠けた道標がある

この道は少し先で県道に合流する

f:id:hyamatyan:20220407210435j:plain
f:id:hyamatyan:20220407210440j:plain

遍路橋を渡るとすぐに石手寺である寺手前には地蔵堂があり脇に道標

元は石手寺前に有った

f:id:hyamatyan:20220407211312j:plain
f:id:hyamatyan:20220407211317j:plain

51番石手寺 四国遍禮名所図会より

f:id:hyamatyan:20220411113049j:plain

f:id:hyamatyan:20220407210444j:plain

MAP51-01 カシミール3Dにて作成

f:id:hyamatyan:20220407210449j:plain

MAP51-02

f:id:hyamatyan:20220407210453j:plain

(=^・^=)END

48番西林寺から49番浄土寺へ

 

48番西林寺から49番浄土寺間の道標・丁石

四国遍路道指南

 これより浄土寺まで廿五町 此間〇土居村

 小川ニ瀬 

四国遍禮名所図会

 浄土寺迄廿五丁

 門前へ出 土井村 粂の町 高の子村

 四十九番西林山三蔵院浄土寺 粂郡高の子村 繁多寺迄十五丁

現在歩くと西林寺寺から浄土寺迄3.2kmの距離

------------------------------------------------

西林寺門前に徳右衛門標石

f:id:hyamatyan:20220403230729j:plain
f:id:hyamatyan:20220403230734j:plain

県道へ出て北へ100m程で遍路道は左へ向かうが交差点手前の民家脇には

折れて置いてある道標

f:id:hyamatyan:20220403230739j:plain
f:id:hyamatyan:20220403230745j:plain

次に二つ並ぶ道標があるが

現在はレプリカが置いてあるようです

f:id:hyamatyan:20220403230749j:plain
f:id:hyamatyan:20220403230754j:plain

久米小学校横の小祠内にはニケの道標

f:id:hyamatyan:20220403230759j:plain
f:id:hyamatyan:20220403230809j:plain

遍路道は突き当たりを右へ

各所への道のりが示されている道標(文久2年 1862年

f:id:hyamatyan:20220403230814j:plain
f:id:hyamatyan:20220403230819j:plain

突き当りを左へ50m程の所には金毘羅への里程標(文化10年 1813年)

f:id:hyamatyan:20220403230824j:plain
f:id:hyamatyan:20220403230831j:plain

遍路道はすぐに左へ折れる(嘉永2年 1849年)

f:id:hyamatyan:20220403230836j:plain
f:id:hyamatyan:20220403230841j:plain

500m程で49番浄土寺 

四国遍禮名所図会よりf:id:hyamatyan:20220406233741j:plain

f:id:hyamatyan:20220406233831j:plain

MAP49-01 カシミール3Dにて作成

f:id:hyamatyan:20220406234039j:plain

MP49-02

f:id:hyamatyan:20220406234049j:plain

(=^・^=)END




 

 

 

49番浄土寺から50番繁多寺へ

49番浄土寺から50番繁多寺間の道標・丁石

四国遍路道指南

 是よりばんたじ迄十五町 少ゆき八幡の宮、しんたて町過右へしるし石有

四国遍禮名所図会

 繁多寺迄十五町

 門前より西へ行く粂の町 八幡宮 右手ニあり 大社なり 幡寺村

   五拾番東山瑠璃光院繁多寺 温泉郡幡寺村 石手寺迄廿丁

浄土寺から繁多寺迄歩いて1.7km程の道のりです

---------------------------------------------------

浄土寺の山門前に前後の札所を示す道標(明治45年 1912年)

f:id:hyamatyan:20220407210021j:plain
f:id:hyamatyan:20220407210029j:plain

浄土寺前には徳右衛門標石

繁多寺迄18丁と示す。各種案内記では15町(丁)とあるのだが

f:id:hyamatyan:20220407210034j:plain
f:id:hyamatyan:20220407210039j:plain

西へ少し行くと日尾八幡があり

その前にある道標(嘉永7年 1854年

愛媛には正逆の遍路道を示す道標が多くみられる

f:id:hyamatyan:20220407210045j:plain
f:id:hyamatyan:20220407210050j:plain

県道40号線をしばらく進み遍路道は右へ

f:id:hyamatyan:20220407210055j:plain
f:id:hyamatyan:20220407210100j:plain

分かれ道のレプリカの道標 遍路道は少し登り道

f:id:hyamatyan:20220407213742j:plain

800m程で50番繁多寺

四国遍禮名所図会より

f:id:hyamatyan:20220407212912j:plain

f:id:hyamatyan:20220407210104j:plain

MAP50 カシミール3Dにて作成

f:id:hyamatyan:20220407210112j:plain

(=^・^=)END




 

 

 

 

 

 

 

 

47番八坂寺から48番西林寺へ

47番八坂寺から48番西林寺間の道標・丁石

四国遍路道指南

  これより西林寺まで一里

 〇ゑわら村(恵原町)大師堂有り 

  此村の南に右衛門三郎の子八人の塚有

 石手寺の縁起にくハし 〇小村(小村町) 大師堂 此間川三瀬有 

 〇たかゐ村(高井町)九朗兵衛、吉左衛門其ほかやどかす

 四十八番西林寺 平地 南むき 浮穴郡高井村

四国遍禮名所図会

 門前より右へ入 恵原村町家也 長し 八ツ塚町半より左へ入行

     右エ門三郎子八人の塚なり故ニ八塚ト云 塚の上に石佛地蔵有り

 小村 左手ニ社見ゆる 松の大枯木有り 是より少し行 小川 是より少シ行 

 庵 本尊大師 御自作也左手ニ有り 大川原高井村

 四拾八番清涼山安善院西林寺 浮穴郡高井村 浄土寺迄廿五丁

今の遍路道を歩くと4.4km程の距離

---------------------------------------------------------------------------

八坂寺門前 右側に徳右衛門標石

f:id:hyamatyan:20220402214926j:plain
f:id:hyamatyan:20220402214936j:plain

左側には

f:id:hyamatyan:20220402214931j:plain
f:id:hyamatyan:20220402214940j:plain

えばら湖の土手下に記年銘のあるものでは四国で二番目に古い道標

貞享2年(1685年)

f:id:hyamatyan:20220402214945j:plain
f:id:hyamatyan:20220402214949j:plain

尚、池の土手の堤防に今は愛媛県立歴史博物館に保管さている道標が在った。

f:id:hyamatyan:20220402215156j:plain
f:id:hyamatyan:20220402215200j:plain

それより遍路道を250mほど行き県道に合流する所に

遍路道も示す道標

f:id:hyamatyan:20220402214954j:plain
f:id:hyamatyan:20220402214958j:plain

文殊院から土佐街道遍路道を200m程進むと道標

左へ行くと衛門三郎伝説の八つ塚がある

f:id:hyamatyan:20220402215004j:plain
f:id:hyamatyan:20220402215009j:plain

八つ塚に向かうと愛媛銀行のグラウンド脇に自然石の道標

f:id:hyamatyan:20220402215013j:plain
f:id:hyamatyan:20220402215018j:plain

松山(土佐)街道である県道194を進むと中務茂兵衛の道標(明治19年

f:id:hyamatyan:20220402215022j:plain
f:id:hyamatyan:20220402215027j:plain

近世の道筋にある道標(大正15年)

f:id:hyamatyan:20220402215032j:plain
f:id:hyamatyan:20220402215037j:plain

御坂川を渡った所に在る札始大師堂を示す道標

f:id:hyamatyan:20220402215042j:plain
f:id:hyamatyan:20220402215047j:plain

札始大師堂敷地の道標 移設されたものだろう

f:id:hyamatyan:20220402215051j:plain
f:id:hyamatyan:20220402215056j:plain

150m程で遍路道はたんぼの間を通る

f:id:hyamatyan:20220402215100j:plain
f:id:hyamatyan:20220402215106j:plain

やがて小村で県道に突き当たる

中務茂兵衛の道標(明治26年

f:id:hyamatyan:20220402215110j:plain
f:id:hyamatyan:20220402215115j:plain

八坂寺から西林寺へはもう一つのルートがあり
この道は48-12の道標で合流する

以下は別ルート

八坂寺から少し東へ向かいそれより北上して御坂川を渡る
その道筋近くに在ったと思われる道標

f:id:hyamatyan:20220402220639j:plain
f:id:hyamatyan:20220402220643j:plain

御坂川を渡り松山市東方(ひがしかた)町にある大蓮寺内には道標が移設されている

以前は気が付かなかったので最近置かれたものかもしれない

f:id:hyamatyan:20220402220715j:plain
f:id:hyamatyan:20220402220720j:plain

寺横の交差点の片隅に金毘羅への道のりを示す道標(嘉永元年)

f:id:hyamatyan:20220402220648j:plain
f:id:hyamatyan:20220402220653j:plain

200m程で

f:id:hyamatyan:20220402220657j:plain
f:id:hyamatyan:20220402220702j:plain

さらに100m程で民家の塀脇には自然石の道標

もとはどこに在ったのだろう

f:id:hyamatyan:20220402220706j:plain
f:id:hyamatyan:20220402220711j:plain

この先の小村町で先の遍路道と合流する

遍路道である県道207号線と県道23号線の交差点北東に

f:id:hyamatyan:20220402215119j:plain
f:id:hyamatyan:20220402215123j:plain

その先、重信川は久谷大橋を通るが昔は少し下流を歩いて渡っていた。橋を渡った先で西へ行き旧道に入る。そこには2つの道標 ここから東に向かうのは金毘羅街道

左側の中務茂兵衛の道標(明治24年

f:id:hyamatyan:20220402215128j:plain
f:id:hyamatyan:20220402215139j:plain

右側の道標 (金毘羅まで29里)

f:id:hyamatyan:20220402215133j:plain
f:id:hyamatyan:20220402215143j:plain

遍路道はやがて県道を横切るがそこにも中務茂兵衛の道標(明治26年

f:id:hyamatyan:20220402215147j:plain
f:id:hyamatyan:20220402215152j:plain

それより400m程で西林寺前に出る。

48番西林寺

f:id:hyamatyan:20220313145814j:plain

四国遍禮名所図会

f:id:hyamatyan:20220313145828j:plain

MAP48-01

f:id:hyamatyan:20220403154411j:plain

MAP48-02

f:id:hyamatyan:20220403154429j:plain

MAP48-03

f:id:hyamatyan:20220403154444j:plain

MAP48-04

f:id:hyamatyan:20220403154455j:plain

(=^・^=)END

 

 

 

 

 

 

 

 

 

46番浄瑠璃寺から47番八坂寺へ

46番浄瑠璃寺から47番八坂寺間の道標・丁石

四国遍路道指南

  是より八坂寺迄五町

四国遍禮名所図会

 裏門より八坂にでる 八坂村

 四拾七番熊谷山妙見院八坂寺 浮穴郡八坂村 西林寺迄一里

現在歩くと浄瑠璃寺から西に出て八坂寺迄850m

---------------------------------------------------------------------

浄瑠璃寺の入口階段を登った右に徳右衛門標石

f:id:hyamatyan:20220402213135j:plain
f:id:hyamatyan:20220402213140j:plain

浄瑠璃寺境内にある荏原城遠江守の墓と宝匡印塔の間に

f:id:hyamatyan:20220313102503j:plain
f:id:hyamatyan:20220313102507j:plain

これも境内西口付近の道標

f:id:hyamatyan:20220402213153j:plain
f:id:hyamatyan:20220402213159j:plain

寺を出て150mほど右に曲がる所に在る道標

f:id:hyamatyan:20220402213204j:plain
f:id:hyamatyan:20220402213212j:plain

500m程歩くと右側に

f:id:hyamatyan:20220402213216j:plain
f:id:hyamatyan:20220402213221j:plain

200m少しで47番八坂寺

f:id:hyamatyan:20220402213225j:plain

四国遍禮名所図会より

f:id:hyamatyan:20220313102143j:plain

MAP47-01(カシミール3Dにて作成)

f:id:hyamatyan:20220402213243j:plain

(=^・^=)END

 

 



 



 

 



45番岩屋寺から46番浄瑠璃寺へ

45番岩屋寺から46番浄瑠璃寺間の道標・丁石

四国遍路道指南

f:id:hyamatyan:20220110161516j:plain

四国遍禮名所図会より

 不二門 龍池社 道の左へ少し入有り 仙袖橋 竹谷村

 毘離那窟 流霞橋の手前少し行有り 流霞橋是より十丁斗り行

 古岩屋 堂ノ跡古木石居有り 洗月泉石佛大師 是より十丁余行

 地蔵尊 先ノ別れ道也 山道行先の畑の川 爰にて一宿

二日 天キ出立 芝山 坂 菅生村 小坂 東明神村 見坂茶屋 爰にて支度

 見坂峠 登り無ふして。下る事壱里斗り。此所より見渡ス景色よし

 松山の城道後の町伊豫の高根みたらへ 雄戸の瀬戸下の関三ツヶ濱

 絶景いわんかたなし是を下り久保野村 此所にて支度

 網岩 道の右ニ有り石網の如し 榎木村 浄瑠璃

四拾六番医王山養珠院浄瑠璃寺 浮穴郡浄るり村八坂迄五丁

--------------------------------------------------------------------

四国遍路 同行二人より(明治45年)此村欽英堂

 次へ六里二丁(旧八里)、畑の川迄打戻り、立石を右へ十三丁上ると千本峠、二十六丁下ると国道で・・・右へ一里十八丁行き、立石を右に入り三丁行くと三坂峠で、ここから北を眺むれば、松山市やその付近は一眸に映りて久しく山又山を巡りた眼には、気も晴々します、二十二丁余下ると桜・・・ここまでの間は極々急勾配の下り、ここから十三丁行くと、網掛岩で、二十三丁行き出口橋を渡り、十丁行くと。

 四十六番医王山浄瑠璃寺(温泉郡坂本村大字浄瑠璃

----------------------------------------------------------------------------------- 

現在の遍路道を歩くと岩屋寺から古岩屋経由で畑野川迄6.4kmでそれより千本峠経由で国道迄は4.2km、国道を5.8km進みそれより右の旧道に入り三坂峠から下り

浄瑠璃寺迄約8kmです。合計24.4km

45番岩屋寺から46番浄瑠璃寺への道は寺を下り仙袖橋(直瀬川)を渡り県道へ出て左へ流霞橋を渡った先の旧道は通れず古岩屋トンネルを通りトンネル出口より左へ旧道に入るしばらく川沿いの道を歩くとやがて県道に出る。そして古岩屋前の県道沿いに丁石があるがおそらく44番から45番への道筋に在った物だろう

f:id:hyamatyan:20220110162639j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162644j:plain

これより古岩屋の前で県道から別れ左へ谷川沿いの山道を通り八丁坂の分岐へと出る。それからは来た道を下畑野川河合へと戻る

下畑野川河合よりは三叉路を西へ千本峠越えの道を登って行く

峠までにいくつかの道標が残る

f:id:hyamatyan:20220110162649j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162653j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162657j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162707j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162702j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162712j:plain

千本峠から少し下り旧遍路道は右へ行くのだが道が崩れて通れず南へう回し高野へ向かう

f:id:hyamatyan:20220110162717j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162722j:plain

高野で旧道に戻るがそこに道標が移されている(明治30年

f:id:hyamatyan:20220110162728j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162733j:plain

田んぼ、棚田などの下って行く道の途中にある道標(明治36年

f:id:hyamatyan:20220110162738j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162743j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162753j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162748j:plain

やがて車道に出た所にも道標

f:id:hyamatyan:20220110162758j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162803j:plain

車道を150m程進むと道標があり遍路道は右へ向かう様だがこの先の採石場付近の山裾を通る旧道は消滅している

f:id:hyamatyan:20220110162808j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162813j:plain

そのまま車道を下り国道へと出る。採石場を回り込んだ先の旧道沿いには2ヶの道標ひとつは田んぼ先端には寛政元年の道標があるが元の位置から移動していると考えられる

最近訪れてみたが草木が茂り無くなったのか確認できなかった 写真は2008年

f:id:hyamatyan:20220110162818j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162823j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162828j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162834j:plain

一部の遍路は道指南に書かれているように久万町まで戻りそれより浄瑠璃寺に向かった

がその久万町の街道に松山からの里程石(松山より7里)

f:id:hyamatyan:20220110163057j:plain
f:id:hyamatyan:20220110163103j:plain

一部残る旧街道の細い路地に徳右衛門標石に似ている下部欠損の標石

f:id:hyamatyan:20220110163108j:plain
f:id:hyamatyan:20220110163113j:plain

次に先の千本峠越えの道と久万からの街道と合流した付近にある道標(明治30年)は少し移動している

f:id:hyamatyan:20220110162839j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162844j:plain

この松山方面へ向かう街道は所々残っているが今は国道を三坂迄進む旧道沿いには

f:id:hyamatyan:20220110162849j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162854j:plain

田んぼの中を通る旧街道

f:id:hyamatyan:20220110162859j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162904j:plain

国道南の谷川を隔てた旧街道沿いに在った徳右衛門標石は国道沿いに移設されている

f:id:hyamatyan:20220110162909j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162914j:plain

国道から遍路道は右へ(明治23年

f:id:hyamatyan:20220110162919j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162924j:plain

しばらく行くと三坂峠で道は急な坂道となる。山路を下りやがて舗装道路となり所々ショートカットの道があるが概ね県道を進む。県道から別れ左へ旧道を進むと右側に網掛石がありその前に道標

f:id:hyamatyan:20220110162936j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162931j:plain

再び県道に出ると下部が埋まって欠損してる松山からの里程石(松山より4里)がある

f:id:hyamatyan:20220110162942j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162948j:plain

県道207号線から左へ県道194号線へ入る所の出口橋の袂に

f:id:hyamatyan:20220110162953j:plain
f:id:hyamatyan:20220110162959j:plain

100m程進み坂本公民館前の道標(天保2年)

f:id:hyamatyan:20220110163005j:plain
f:id:hyamatyan:20220110163010j:plain

浄瑠璃寺へ1丁の文政2年(1819)の道標

f:id:hyamatyan:20220110163015j:plain
f:id:hyamatyan:20220110163021j:plain

浄瑠璃寺前の道標(明治40年)1907年

f:id:hyamatyan:20220110163026j:plain
f:id:hyamatyan:20220110163031j:plain

46番浄瑠璃寺

f:id:hyamatyan:20220110163047j:plain

f:id:hyamatyan:20220110163052j:plain

四国遍禮名所図会より

f:id:hyamatyan:20220110163037j:plain

MAP46-01(カシミール3Dより作成)

f:id:hyamatyan:20220110163119j:plain

MAP46-02

f:id:hyamatyan:20220110163124j:plain

MAP46-03

f:id:hyamatyan:20220110163129j:plain

MAP46-03B

f:id:hyamatyan:20220110163135j:plain

MAP46-04

f:id:hyamatyan:20220110163140j:plain

MAP46-05

f:id:hyamatyan:20220110163145j:plain

MAP46-06

f:id:hyamatyan:20220110163151j:plain

MAP46-07

f:id:hyamatyan:20220110163156j:plain

(=^・^=)END

 





 

 

 

 

 

 

 

 

44番菅生山(大宝寺)から45番岩屋寺へ

44番菅生山(大宝寺)から45番岩屋寺間の道標・丁石

四国遍路道指南より

f:id:hyamatyan:20211230121942j:plain

四国遍路日記(澄禅)より

 寺ニ荷俵億置テ往 寺ノ後ノ坂ヲ越テ畑川ト云在所ヲヘテ岩屋山へ掛り越行

 大師ハ三里ト御定ナレドモ町石ハ七十五町也

四国遍禮名所図会より

 大師堂 東堂の東方 此傍より岩屋寺道有り弍里半 

 菅生坂 勅使橋より直道と大師堂傍より行道と二道有り 石ノ大師 峠ニあり

 畑の川村 此所ニ荷物預ケ岩屋寺へ行 是より六十丁

 住吉社 村の半ニ左手ニ有り 是より四拾丁行地蔵尊 左ハ下向道 右ハ上向道

 廿丁余坂山道なり 是より岩屋寺入口なり

 龍頭松 龍ノ池 道の左ニ有杉檜の中ニ大成松也此所ニ池有 一ノ王子社 真直ニ行当りニあり

 生木華表 一ノ王子より下り左手ニ有り 

 那智権現 道右に鳥居是より弍間斗岩の上をつたひ行上ニ有り

 逼割岩 道ノ左の大岩なり 休所有り鳥井是より大岩の間を取付上ル

 葛禅定 今ハかねのくさりにて取付上る也 二十一梯 葛禅定より上る是を上り

 白山権現梯の上に有 此所壱間四方の地也 小社なり

 高祖大権現 梯を下り西ノ方少し上る 是よりせり割下ル

 仙人荼毘洞 道より左へ入行岩有 子守大明神 道の左ニあり

 勝手大明神同所ニ有り 二王子社

 生木塔婆道の右の檜皮のわれ目より梵字見へ有ル

 二王門 聲明楼 此所より洞弥陀洞塔婆遥拝所也

 四所明神門を入左手ニ有

 四拾五番海岸山岩屋寺 浮穴郡竹谷村 浄るり寺迄八里

----------------------------------------------------------

岩屋寺迄は現在の遍路道を歩いて9kmの道のりである

大宝寺の本堂前に丁石が移設されている

f:id:hyamatyan:20211227093857j:plain
f:id:hyamatyan:20211227093902j:plain

大宝寺への車道に沿いに

f:id:hyamatyan:20211227093911j:plain
f:id:hyamatyan:20211227093907j:plain
f:id:hyamatyan:20211227093916j:plain
f:id:hyamatyan:20211227093921j:plain

遍路道は車道から左へ山道へ入る

f:id:hyamatyan:20211227093925j:plain
f:id:hyamatyan:20211227093930j:plain

大宝寺付近のミニ西国三十三所を示す道標

f:id:hyamatyan:20211227093934j:plain
f:id:hyamatyan:20211227093939j:plain

久しぶりに見た益田さんの標石

f:id:hyamatyan:20211227093943j:plain
f:id:hyamatyan:20211227093947j:plain

峠御堂の峠手前にある道標(文化11年)

f:id:hyamatyan:20211227093952j:plain
f:id:hyamatyan:20211227093956j:plain

下り道に

f:id:hyamatyan:20211227094000j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094005j:plain

山道を下り県道へ出て右へ旧道を進むと下畑野川河合

岩屋寺を経て浄瑠璃寺へと向かう打戻りの三叉路には4ヶの道標が集められている。

昔は付近に荷物を預けて岩屋寺へ向かった

f:id:hyamatyan:20211227094009j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094020j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094014j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094024j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094028j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094032j:plain

100m程旧道を進むと右へ向かうがここに丁石が2ヶ

f:id:hyamatyan:20211227094037j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094041j:plain

50m程で遍路道は県道へ出る 此所に

外にも多くの道標を建てている栗田修三さんの道標(昭和5年

f:id:hyamatyan:20211227094046j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094052j:plain

下畑野川の旧道沿いに2ヶの道標

2008年の写真

f:id:hyamatyan:20211227094056j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094105j:plain

2021年の写真

f:id:hyamatyan:20211227094101j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094109j:plain

今は無いが江戸時代には60丁から丁石が在ったようだ

薬師堂横に58丁石がありこの先、岩屋寺迄丁石が多く残る

f:id:hyamatyan:20211227094113j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094118j:plain

県道を横切りある旧道を進む

f:id:hyamatyan:20211227094122j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094127j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094131j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094136j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094140j:plain
f:id:hyamatyan:20220102162557j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094150j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094155j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094200j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094205j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094210j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094215j:plain

この少し先で遍路道は県道に出て次に右側の山道に入る

一部古い道はゴルフ場となり通れない

f:id:hyamatyan:20211227094221j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094226j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094231j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094237j:plain

やがて岩屋寺から古岩屋経由の下向道との三叉路があり右へ八丁坂を登って行く

登り口少し先に27丁石

f:id:hyamatyan:20211227094242j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094248j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094253j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094259j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094304j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094309j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094314j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094320j:plain

八丁坂を登り切った所には道標、丁石等が並ぶ

f:id:hyamatyan:20211227094345j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094340j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094335j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094351j:plain

この先道は小さなアップダウンを繰り返しおおむね稜線沿いを進む

f:id:hyamatyan:20211227094356j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094401j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094406j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094411j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094416j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094422j:plain

いわやさんへ18丁の丁石が在るようだが見当たらなかった

f:id:hyamatyan:20211227094432j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094427j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094437j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094443j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094448j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094453j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094458j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094503j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094508j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094513j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094518j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094523j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094528j:plain

10丁石も見当たらなかった

f:id:hyamatyan:20211227094533j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094538j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094544j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094550j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094555j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094601j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094606j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094611j:plain

急な下り道となり

f:id:hyamatyan:20211227094616j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094621j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094626j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094631j:plain

せり割禅定前に5丁石

f:id:hyamatyan:20211227094636j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094641j:plain

4丁石も在るようだが見当たらなかった

f:id:hyamatyan:20211227094646j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094651j:plain

仁王門の手前に1丁石

f:id:hyamatyan:20211227094656j:plain
f:id:hyamatyan:20211227094701j:plain

仁王門は江戸時代の建物で其外の本堂、大師堂などは明治時代の火災で焼失し

大正以降に再建されましたようです

45番岩屋寺

f:id:hyamatyan:20211229210935j:plain

f:id:hyamatyan:20211229210957j:plain

四国遍礼名所図会より

f:id:hyamatyan:20211224150717j:plain

MAP45-01(カシミール3Dにて作成)

f:id:hyamatyan:20211230202415j:plain

MAP45-02

f:id:hyamatyan:20211230202420j:plain

MAP45-03

f:id:hyamatyan:20211230202424j:plain

MAP45-04

f:id:hyamatyan:20211230202428j:plain

(=^・^=)END